イノベーションで格差もイノベート?

前回と同じく「賃金迷路」という日本経済新聞の記事より。

気になる部分を抜粋。
新興国への生産移転と空洞化を経験した先進国は、イノベーションが停滞する経済を推進する力と信じてきた。信じてきた革新は今、ほんの一部の企業が主導している。イノベーションが競争ではなく寡占を生むなら、成長の果実も寡占される。

なるほど、イノベーションは寡占の元となり、利益は独占されるということか。

ただ、イノベーションが「競争ではなく寡占を生む」というよりも、「競争した結果寡占が生まれた」ということだろう。

競争は勝者と敗者を生むのだ。

一部の勝者が独占するのか? それとも 敗者にもそれなりの利益があるのか? そのバランスが問題なのだろう。




ということで、競争社会をうまく機能させるためには、勝者と敗者のバランスをいかにしてとるかが重要そうだ。

さえない自分としては、敗者にやさしい競争社会が良いな。

すなわち、イノベーションできない自分も、(他人の)イノベーションの恩恵は受けたいな・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-11-03 08:05 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム