力で黙らせるか お金で釣るか 心を掴むか・・・

「三国志」(吉川英治 著)という歴史小説を読んで考えたこと、3回目。

三国志では魏・呉・蜀という3つの国が争いを繰り広げることになる。争いとは、より具体的には領土の奪い合い。

領土の奪い合いを制するには、次の2つに力を注ぐ必要がある。
1.国内の安定(国民の統率)
2.領土を奪い取る力の強化

さらに、国内を安定させる、すなわち国民を統率するための手段として次の3つが考えられる。
1‐1.力で黙らせる
1‐2.お金で釣る
1‐3.心を掴む

また、領土を奪い取る力の強化とは、主には次の2つが考えられる。
2‐1.物理的な力の強化(兵士の数・質の強化、武器の強化)
2‐2.頭脳の強化(策士の強化)

と言うようなことを、力で黙らされる国民の立場で考えてみた・・・。




一方、お金で釣られるサラリーマンの立場として、お金を稼ぐ手段について考えてみた。
1.体を酷使して稼ぐ
2.頭を酷使して稼ぐ

体も頭も酷使するのは嫌だけど、さえない自分が人並みに稼ぐためには、酷使を厭わないクレイジーな姿勢が必要に違いない。




と言うことで、三国(魏・呉・蜀)は最終的に滅んでしまったけど、サラリーマンとしての自分は滅んでしまわないようにクレイジーさだけは誰にも負けないように磨いていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-11-05 11:18 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム