学問をするとバカになる? バカになろうが儲かればそれで良い・・・

「無学問のすすめ ―自分の頭で考える思想入門」(伊東祐吏 著)という本の感想、2回目。

「学問をすると、バカになる」なんて刺激的に書かれていたが、自分の理解できた範囲で整理すると、著者が否定しているのは次の2点のようだ。

1.体系化された学問をそのまま受け入れてそれをベースに発展させようとすること
  →自分で考えるというよりも学問(を作り上げた他者)に考えさせられることになる

2.感覚や経験をおろそかにして知識を重視しすぎること
  →知識を使っているつもりが知識に使われてしまう



投資を例に挙げて考えてみる。

自分は、インデックスファンドを使って世界の株式に分散投資するという、ポートフォリオ理論?をベースにしてどこぞの誰か達が考え上げた投資手法を受け入れてマネしているにすぎない。

自分の頭で考えた独自の要素は皆無だろう。

しかし、自分の頭で独自の投資手法を考え出したとしても、儲からなければ意味がない。

逆に言うと、自分の頭で何も考えないサルマネであろうとも、儲かればそれで良い。



また、投資に疎い自分としては、自分の数少ない投資経験や感覚を信じるよりも、先人の知恵を信じた方が良さそうだと考えており、言わば、先人の知識に使われようとしている。

知識に使われないようにしたとしても、儲からなければ意味がない。

逆に言うと、知識の奴隷になろうとも、儲かればそれで良い。




と言うことで、確かに自分の頭で考えることが重要な場面も多々あるだろうが、(投資のように)あえて自分の頭で考えずにサルマネしたり、あえて自分の経験や感覚をおろそかにして知識の奴隷になったりした方が良さそうな場面もあるように思う。

ただ、サルマネしたり知識の奴隷になったりする場合は、サルマネしていることや知識の奴隷になっていることを自覚するようにしたい。

でも、そんなことを考えると、自分の人生の大部分はサルマネと知識の奴隷で構成されているように思う・・・。





と言うことで、これからも「サルマネ×知識の奴隷」投資を続けていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-11-18 07:36 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム