他人の評価なんてあてにならない・・・

「中国のゴッホ 本物への旅」という中国/オランダで制作された番組が、NHKの「BS世界のドキュメンタリー」にて放送されていた。

ゴッホの複製画を描くことで20年以上生計を立ててきた中国人が、オランダのゴッホ美術館で本物を観る機会を得た様子が紹介されていた。

彼の住んでいる地域(広東省深セン市大芬油画村)では、1万人以上が油絵の複製画を描いているようだ。さすがは中国、スケールが違う・・・。



中国人に対する自分の勝手な偏見からか、あるいは、複製画の量産工場を連想させる現場の映像の影響からか、お金を稼ぐ手段として仕方なくゴッホの複製画を描いているのだろう(そもそも絵を描くことに興味は無いのだろう)となんとなく思い込んでしまっていたが、次のような彼のコメントからすると、ゴッホにも絵を描くことにも思い入れがあるようだ。
本物を目にしたときは興奮して思わず駆け寄ったよ。どうしても絵に触りたくなって、警備員に触っても良い?OK?と訊ねたら、観るだけですと言われた。全部描いたことのある絵だった。「ひまわり」は10分も眺めていたよ。それは、あまりにも感動して言葉にできなかった。

美術館の人に言われたんだ、ゴッホの絵を20年も描いているとは素晴らしい。オリジナルの作品は無いのかと。とてもショックだった。複製画ばかり描いてきて自分の作品は1つもない。我々はしょせん複製画の絵描きなんだ。

お金を稼ぐ手段として仕方なく仕事をしているのは、彼ではなく自分の方だったようだ。

なんだか彼がうらやましい・・・。



まあでも、そんなことをうらやましいと思ってしまうようでは、自分もまだまだ隙だらけのようだ。

仕事はお金のためと割り切っていきたい。

感情や変なこだわりを資産形成に持ち込むのは要注意であり、それらは趣味の世界で満足させべし・・・。



ちなみに、生前のゴッホは評価されていなかったようだ。

もしかしたら、ゴッホの作品に対する当時の評価よりも、ゴッホの複製画に対する現在の評価の方が高いのかもしれない。

なんだか複雑に思うが、他人の評価なんてあてにならないということで・・・。




あれ、もしかして、ゴッホの作品に対する当時の評価よりも、サラリーマンとしての自分の今の評価の方が高いということか?

他人の評価なんてあてにならないので、勝手に自分でそう思い込んでおくことにしよう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-11-25 13:23 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム