コミュニケーション能力の低い社会的動物っていったい・・・

「野村ノート」(野村克也 著)という本の感想、2回目。

「エースと4番は育てられない」という言葉があった。

プロ野球のエースや4番は誰にでも務まるものではなく、また、育てるのは非常に困難なため、即戦力として使えそうな選手を外から獲ってくる必要があるとのこと。

企業で言うと、経営者は誰にでも務まるものではなく、また、育てるのは非常に困難なため、即戦力として使えそうなプロ経営者を外から獲って来る必要がある、というようなイメージだろうか。



このように、スポーツチームや企業のような「組織」においては、外部から才能を獲って来ることができるけど、自分のような「個人」に才能が足りない場合はどうしたら良いのだろうか?

例えば、コミュニケーション能力を伸ばすのは非常に困難だからといって、外部からコミュニケーション能力を獲って来ることはできない。「コミュニケーション能力向上ソフト」をインストールするようなことはできないのだ。

それを解決する手段をアレコレ考えてみると、やっぱり「組織化」というところに行き着いてしまいそうだ。

組織化することでお互いに足りない能力を補い合う。逆に言うと、各自の得意な能力をお互いに利用し合う。

そう考えると、さえない自分が企業という組織に属するというのは、なかなか合理的なのかも。



ただ問題は、自分のようなコミュニケーション能力の低い人は、そもそも組織化することに向いていないということ。

すなわち、組織化するにはコミュニケーション能力が必要だけど、そもそもその肝心なコミュニケーション能力が無いから困っているのだ。

そうなると、コミュニケーション能力を少しでも伸ばすべく日々精進するか、あるいは、別の才能で補うか・・・。

と言うようなことを考えていくと、結局、ケチという才能でコミュニケーション能力を補う(コミュニケーション能力の必要性を軽減する)、すなわち、ケチという才能をいかしてお金を貯めてさっさとアーリーリタイアする、というのがやっぱり良さそうだ、ということにしておこう・・・。



まあでも、人間は社会的動物と言われるけど、コミュニケーション能力の低い社会的動物っていったい??

冷静に考えると絶望感に打ちひしがれそうなので、いつものようにお金やお酒や読書などの趣味に興奮して気を紛らわせておくとしよう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-11-26 05:42 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム