サラリーマンはサラリーマン博士であるべき?

「野村ノート」(野村克也 著)という本の感想、3回目。

「野球選手は野球博士であるべき」という言葉があり気になった。
 評論や講演活動をすることで、みんなが私に何を求めるか。立派な社会人であるということもだが、やはり野球のプロであるということだ。
 そこでヤクルトの監督に就任すると、「プロ野球選手は野球博士になるべきだ」といって、ルールから勉強させた。

もっともなことかと思ったけど、では自分はサラリーマン博士になれているのかと言うと・・・。

と言うことで、日々の仕事の中でサラリーマンの生態について研究していきたい・・・。



なお、「サラリーマン博士」というよりも「ビジネス博士」を目指すべきでは?と思わなくもないが、ビジネスよりもサラリーマンの生態の方が興味があるので、サラリーマン博士を勝手に目指すとしよう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-11-26 08:07 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム