資産形成はサイコパスのように・・・

「一流の人は本気で怒る」(小宮一慶 著)という本の感想、2回目。

次の記述を読んで、以下のようなことをアレコレ考えてみた。
 最も望ましいのは、「利」と「義」を一致させることです。つまり、自分にとって望ましいことと、周りの人や社会全体が望ましいこととを一致させるのです。


「利」だけを追い求めると周りからの反発を招いて結果的に「利」を損なうことになる。

あるいは、「利」だけを追い求めると自分自身の良心を痛めて結果的に「利」を損なうことになる。

逆に、「義」だけを追い求めても「利」を得ることができない。

「利」を得るためには(資産形成のためには)、「利」と「義」の両立(バランス)が大切。



なお、上記のように、「義」には周りの人に対する「義」と、自分の良心に対する「義」の2つがあるように思う。

そして「義」に関して重要と思うのは、「周りの人や社会全体にとって望ましいことをする」というよりも、「周りの人や社会全体から望ましいと「評価」され(反発を招かないため)、かつ、自分自身も望ましいと「評価」する(良心を痛めないため)ことをする」ということ。

実際に望ましいかどうかよりも「評価」がポイント。



と言うことで、「利」と「義」を一致させるには次の3つを満足する行動をとる必要がありそうだ。
1.自分の利益になること
2.周りの人から望ましいと評価されること
3.自分の良心から望ましいと評価されること

これらの3つを同時に満足するのは至難の業のように思う。

さえない自分には到底無理そうなので、「3.自分の良心から望ましいと評価されること」はきっぱりあきらめて、はじめから「1.自分の利益になること」と「2.周りの人から望ましいと評価されること」の2つに絞っていきたい(それも無理なら自分の利益だけでも死守か・・・)。



「3.自分の良心から望ましいと評価されること」をきっぱりあきらめるとしたら、周りの人をうまいこと騙くらかして自分の評価を上げる、なんてことも考えられる。

ただ、「3.自分の良心から望ましいと評価されること」をきっぱりあきらめるなんて簡単にできるのかな。いわゆる「サイコパス」のようなイメージか・・・。



と言うことで、サイコパスになりきって資産形成活動に励んでいきたい・・・(中途半端なさえないサイコパスになりそうだが・・・)。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2017-12-02 08:37 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム