過去と他人は変えられない そして自分も変えられない・・・

『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』(エリック・バーカー 著、橘玲 監訳、竹中てる実 訳)の感想、3回目。


重要なポイントとして「自分はそれほど変えられないため、自分の個性を把握して、その個性を活かせる環境に身を置くべし」と言うようなことが書かれてあった。

これまで自分は、環境に適応するように自分を変えるべし、と考えてきた(結果的にあまり変わっていない・・・)ように思ので、努力の方向を間違えていたようだ・・・。

特に、「自分は変えられない」というのが印象的だったので関連箇所を抜粋。
自分を改善することは大切な心がけだが、私たちの根本的な個性はそれほど変化しないことが研究でも示されている。例えば話すときの流暢さ、適応性、衝動性、謙虚さなどは、幼少期から成人期を通してほぼ変わらない。


「未来と自分は変えられる」なんていうフレーズを聞いたことがあるが、自分(の個性)も変えられないということか・・・。

では、変えられることは何かと考えてみると、「考えと行動」と言ったところだろうか。




と言うことで、今さら感はあるが、自分の個性を詳細に把握して、そのさえない個性を十二分に有効活用できるように考えと行動を変えていきたい(もちろん資産形成のために)。

決して、(さえないからと言って)個性の部分を変えようなんて思ってはいけない。

さえない自分を引っ提げて今年(2018年)もめげずに生きていくとするか・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-01-01 20:39 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム