サラリーマンは「時間と苦痛」を「貨幣」に投機している??

「日本の資本主義 再興の時」という経済学者岩井克人氏の記事が日本経済新聞に掲載されていた。

気になった部分を抜粋。
人が貨幣を受け取るのは、モトとして使うためではない。他の人もそれを貨幣として受け取ると予想しているからだ。人は意識していなくとも、貨幣を受け取るたびにまさに投機しているのだ。

投機にはバブルが伴い、バブルは崩壊する。貨幣のバブルとは、人が貨幣をモノより欲しがる不況であり、貨幣バブルの破裂とは、人が貨幣から逃走するインフレである。


お金なんて不確かな「妄想」だと頭ではわかっているつもりだけど、お金に執着してしまっている現実がある。

まあでも、お金が「妄想」だとすると、自分は「妄想」のために毎日「時間と苦痛」を捧げていることになるのだが・・・。

そのようなことを考えると、「サラリーマン」と言うより「妄想マン」と言った方がより正確なのかもしれない・・・。




と言うことで、今年(2018年)も「妄想」にすぎないお金に執着したさえない「妄想マン」として、喜んで「時間と苦痛」を投棄していきたい・・・。

そして、(正気を維持するためにアルコール漬けになりながら)無駄な妄想を書き続けていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-01-08 14:06 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム