改めてビックリ!! ひふみ投信の資金流入額がすごいことに・・・

投資信託の資金流出入額ランキング(2017年)と、運用会社別の資金流出入額ランキング(2017年)が、それぞれ別の記事で日本経済新聞に掲載されていた。

個人的に気になったのは、「ひふみプラス」とその運用会社である「レオス・キャピタルワークス」が上位に入っていたこと。しかも、ともに2位! 金額の大きさにもびっくり!!(インデックスファンドとは一桁違う!?)

【資金流入金額(2017年)】
ひふみプラス:2808億円 (投資信託2位)
レオス・キャピタルワークス:3446億円 (運用会社2位)



「ひふみプラス」のチャートを見てみると(レオス・キャピタルワークス社のHPへのリンク)、販売を始めた2012年から右肩上がりだった純資産総額が頭打ちになったあたり(2017年2月、900億円弱)から、一転、それまでに無い勢いで純資産総額を伸ばし始めている。

そして、その勢いを今もキープ、と言うよりやや加速傾向のような・・・。

2017年2月あたりから急に増え始めたは、レオス・キャピタルワークス社の社長がテレビ番組「カンブリア宮殿」に出演した(2017年2月16日放送)影響に違いないが、そのタイミングの良さ(頭打ちになったタイミング)と、影響の大きさに改めてビックリした。



社長の藤野氏には、投資のセンスはもちろんあるのだろうが(運用成績も相変わらず好調そうだ)、商売のセンスもあるに違いない。

ただ、この勢いで伸び続けると将来どうなってしまうのだろうかと、逆に心配になってしまうが・・・。

藤野氏もここまでの伸びは誤算だったのかもしれないし・・・。



と言うように、増えなくても増えても心配になってしまう心配性な自分は、欲張らずにひっそりとインデックスファンドへの投資を続けるとしよう・・・(「ひふみ投信」は過去に利用して撤退した経緯あり・・・)。






また、インターネットの普及に伴いテレビの力は衰えてきたように勝手に思っていたが、まだまだテレビの力は健在なようだ。

と言うより、それまではインターネットを通して若者層に普及していたのが、テレビ依存度の高い高齢者層にまで普及したのかもしれない。

次の不等式が成り立つのかな??
「インターネット依存者の投資余力」 < 「テレビ依存者の投資余力」
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-01-13 08:03 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム