衝動的すぎる人は怖いし計画的すぎる人も怖い・・・

「善と悪の経済学」(トーマス・セドラチェク 著、村井章子 訳)という本の感想、10回目。

次の記述になるほどとなった。
人間が本質的に恐れるものは二種類あるように思われる。一つは過剰な動物性(あまりに自然のままで生気がありすぎる)、もう一つは過剰な機械性(あまりに冷静で死人のようである)だ。

人間の位置付けは、二つの間のどこかにある。すべてを説明できる合理的なホモ・エコノミクスになり切ることもできないし、アニマルスピリットに全面的に身をまかせることもできない。


関連する反対語を整理してみる。
冷静 ⇔ 興奮
合理的 ⇔ 非合理的
衝動的 ⇔ 計画的

冷静・合理的・計画的は結びつきが強そうで、また、興奮・非合理的・衝動的は結びつきが強そう(すなわち、冷静な人は合理的で計画的、興奮気味な人は非合理的で衝動的)。

人間は「冷静・合理的・計画的」と「興奮・非合理的・衝動的」の2つの間のどこかに位置し、どちらか一方に偏りすぎる人には恐ろしさを感じる、ということなのだろう。

また、どちらか一方に偏りすぎると生きていくことも難しそうなので、生き抜くためにもバランスが重要だ。



ということで、自分の「冷静・合理的・計画的」度と「興奮・非合理的・衝動的」度をモニタリングして、どちらかに偏りすぎないように注意していきたい。もっと言うと、場面に応じて調整できるようになりたい。



また、人に恐怖を感じさせたい場合は、どちらか一方に偏った行動をとれば良いのかもしれない。

逆に、人を変に警戒させないためには、中間的な行動をとるのが良さそうだ。





ちなみに、自分は「冷静・合理的・計画的」に偏りがちで興奮や衝動が足りないように思うけど、仕事上では計画性の足りなさに打ちのめされる・・・。

ということで、興奮や衝動や計画性をもっと身に付けていきたい。

あれ、衝動の不足と計画性の不足は矛盾しているような・・・。

人生は難しい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-03-11 05:31 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム