マゾヒズムのすすめ? 投資も仕事も人類も続ける秘訣はマゾヒズム・・・

「勉強の哲学 来たるべきバカのために」(千葉雅也 著)という本の感想、2回目。

「痛気持ちいい」という言葉が気になった。
つらい環境には、自分に耐えられる限度を超えた苦痛があるのかもしれません。が、そうだとしても同時に、ぎりぎり生きていられているのであれば、自分はそこで最低限にでもマゾヒズムを働かせているはずです。なぜなら、ひらすら苦痛だけを感じ続けて生きることはできないからです。なんとか苦痛をやりすごせるよう、「痛気持ちいい」という矛盾した状態を成立させている。苦痛からちょっとでも快楽を得ようとしている。

この考え方は、レオ・ベルサーニという、精神分析やゲイ文化の研究をしている人から借りています。ベルサーニは、人間の根本にはマゾヒズムがあると考えている。

どんなにつらい環境でも、自分にはそのノリと癒着してしまっている面がある。

なるほど。

辛いことの多い人生を、なぜめげずに生き続けていけるのだろうかとよくよく考えてみると、「痛気持ちいい」というマゾヒズムが潜んでいるのかもしれない、という話は大変納得できる。

辛い日常にも気持ちよさを感じてしまうマゾヒズム的な遺伝子が生き残ってきたに違いない。

マゾヒズム的でなければすぐに絶望してしまって生き残れないに違いないから・・・。



自分は、サラリーマン生活は辛いと言いながら、同時に気持ちよさを感じているのかもしれない。

また、最近の株の暴落は痛いけど、同時に気持ちよさを感じているのかもしれない。

さらには、人類に未来は無さそうだと思いながら、同時に気持ちよさを感じているのかもしれない。





ということで、先祖代々受け継いできたマゾヒズム的性質を発揮して、辛いサラリーマン生活にも気持ちよさを見い出し続けていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-03-31 08:12 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム