成長のジレンマ? 社会も人間も成長と崩壊の繰り返し・・・

「資本の世界史 資本主義はなぜ危機に陥ってばかりいるのか」(ウルリケ・ヘルマン 著、猪股和夫 訳)という本の感想、9回目。



成長しないと維持できないシステムには終わりが来るのだろうと、この本を読んで思った。

資本主義社会はまさに成長しないと維持できないシステムであり、その構成要素である企業も成長しないと維持できないシステムだ。

限りある地球環境の中でどこまでも成長し続けることはできないため、資本主義社会の成長には限界がくる。資本主義社会は成長が前提のシステムのため、成長の限界を迎えると崩壊する。

資本主義社会に限界があるということは、その中で成長する企業にも限界があるということであり、成長の限界を迎えた企業は崩壊する。

さらには、人間自体も成長しないと維持できないシステムであり、寿命という成長の限界を迎えると崩壊する。



逆に、成長しなければ存続し続けられるのかと考えてみると、成長しなければ環境の変化に対応できないだろうから、それはそれで崩壊しそうだ・・・。

というより、そもそも成長のない世界では生まれてくることさえないに違いない・・・。





ということで、社会も人間も成長と崩壊を繰り返すしかなさそうだ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-04-14 07:03 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム