複雑化する社会に耐えられるか・・・

「富の未来」(アルビン・トフラー、ハイジ・トフラー 著、山岡洋一 訳)という本の感想、9回目。

社会の複雑化に関する内容が興味深かった。
工業時代には均質性、標準化、何にでも適用されるマス化が強調され、ものごとが比較的単純だったが、その時代は終わろうとしている。複雑さを生み出しているのはアメリカだけではない。EUは、教育からチーズまで、あらゆるものの「統一」をはかるために、複雑怪奇な法令の山を築いている。その状況を追っていけるのは、コンピューターだけだ。

確かに、自分の子供時代と比較しても、社会はどんどん複雑になっているように思う。

複雑さが進む要因について勝手に考えてみた。
1.専門化やグローバル化や技術の進化などによって複雑さの元が生まれた
2.コンピューターやインターネットが普及して、システムが複雑さに耐えられるようになった
3.教育が普及して、複雑性に対する人間の耐性が増した

この中でも、特に2.の影響が大きいように思う。

人間が嫌になるような複雑さも、コンピューターは難なく耐えられる。



今後も社会の複雑化は進行し続けるだろうけど、これから老いていく自分は大丈夫だろうか。

老後に向けてお金の備えは意識しているつもりだったけど、より複雑化する社会への備えも必要に違いない。



ということで、流行に無頓着な自分も、より複雑化するであろう社会の変化には注意を向けていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-04-29 05:17 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム