意志とは何か? 「自由意志」「不自由意志」「捏造意志」・・・

「意識は傍観者である 脳の知られざる営み」(デイヴィッド・イーグルマン 著、大田直子 訳)という本の感想、3回目。

実験結果(動こうという衝動を意識的に感じる前に脳内活動が生じ始める)を紹介したあとに、自由意志の存在を確定する論拠は無いと書かれていた。
自由意志があるという私たちの希望や直観に反して、その存在を納得のいくように確定する論拠はいまのところない。

すなわち、人の「意志」とは、自分が意識的に自由に決められる「自由意志」ではなく、無意識のうちにいつの間にか決まっている言わば「不自由意志」とでも呼べそうなものなのだろう。

表現を変えると、人の「意志」とは、意識している自分の「意志」ではなく、自分の中の無意識の部分の「意志」ということか。



なお、自分が仕事をする上で困ることの一つは、何かをしたいという意志が希薄なこと。

「お前に意志は無いのか!」と責められたら返す言葉も無さそうだと密かに気になっている・・・。

人の「意志」が「不自由意志」だとすると、「意志」が希薄なのは意識している自分の「意志」が希薄なのではなく、自分の中の無意識の部分の「意志」が希薄ということになる。

無意識の部分の「意志」を自分が意識的にコントロールするのは難しそうなので、意識的にできそうなことは「意志」を持っているふりをすることくらいだろうか。言わば「捏造意志」。



ということで、「お前に意志は無いのか!」と責められそうになったら、意識的に何らかの「意志」を捏造していきたい・・・。





最後にまとめると、人の「意志」は意識的に自由に決められる「自由意志」ではなく無意識の部分が勝手に決める「不自由意志」のようであり、その「不自由意志」が希薄な自分は、(「意志」を持っていると思われる方が都合の良い場合には)「意志」を持ったふりをする(「捏造意志」)しかなさそうだ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-05-01 00:11 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム