もしさえないサラリーマンが「もしドラ」を読んだら・・・

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(岩崎夏海 著)という数年前に流行った本を読んでみた。

都立高校の弱小野球部を甲子園に出場させようと、新米女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」をよりどころに悪戦苦闘するサクセスストーリー。



「マネジメント」にならって野球部を定義付けようとし、「顧客は誰か」を問う場面が印象的だった。

「マネジメント」からの引用箇所を抜粋。
企業の目的と使命を定義するとき、出発点は一つしかない。顧客である。顧客によって事業は定義される。(中略)顧客を満足させることこそ、企業の使命であり目的である。


この本では、親、先生、学校、東京都、東京都民、高校野球連盟、高校野球ファン、野球部員、など高校野球に携わるほとんどすべての人を野球部の顧客と定義していた。



さえないサラリーマンにとっての顧客は誰だろうかと改めて考えてみると、自分が勤める企業に違いない。

すなわち、自分が勤める企業を満足させることこそ、さえないサラリーマンの使命であり、目的である。

顧客といっても、クレーマーみたいなものかもだけど・・・。



ついでに、人生全体で考えてみると、顧客は自分自身であり、自分自身を満足させることこそ、自分の使命であり、目的である、となりそうだ。



ちなみに、このブログについては、顧客は読者であり、読者を満足させることこそ、このブログの使命であり、目的である。

ただ、このブログの一番の読者はおそらく自分であり、そういう意味では、顧客は自分自身であり、自分自身を満足させることこそ、このブログの使命であり、目的である、といえるのかも・・・。





というようなことを、「もしドラ」を読んださえないサラリーマンが考えた・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-05-05 09:22 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム