不確実な明日のために今日推論と分散に取り組む・・・

「マネジメント【エッセンシャル版】 ―基本と原則」(P.F.ドラッカー 著、上田惇生 編訳)という本の感想、4回目。

一番気になったのは次の箇所。
最大の問題は、明日何をなすべきかではない。「不確実な明日のために今日何をなすべきか」である。問題は、「明日何が起きるか」ではない。「現在の考え方や行動にいかなる種類の未来を折り込むか、どの程度の先を考えるか」、そしてそこから「いかにしていま合理的な意思決定を行うか」である。

重要なことが書かれているオーラは伝わってくるけど、何回読んでもいまいちよく理解できなかった・・・。



ただ、「不確実な明日のために今日何をなすべきか」について考えてみると、汎用的な回答としては「今日推論と分散に取り組むべし」だと思う。

すなわち、予想の確度を高めるための推論と、予想が外れることを前提とした保険づくりのための分散に取り組むべし。



そういう意味では、インデックスファンドに投資しているのも、不確実な明日に対する備えと言えそうだ。自分なりに推論した結果としての収入源の分散・・・。







ただ現実は、不確実な明日から目をそらして、今日アルコールを飲みつつお気に入りの音楽を聴きながらブログを書いて自己満足にふけっている・・・。

不確実な明日はあてにならないので、今日のうちに自己満足にふけるべし・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-05-27 05:11 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム