無意識の盗作? どこからどこまでが自分の考えなのか・・・

『なぜ、「あれ」が思い出せなくなるのか 記憶と脳の7つの謎』(ダニエル・L・シャクター 著、春日井晶子 訳)という本の感想、2回目。

「無意識の盗作」という言葉がでてきて気になった。
まったく悪気はなくても、他人の著作や発想に関する記憶を無意識のうちに自分自身の創作だと思い込んでしまうケースも報告されている。


自分もこのようなブログを書いているけど、改めて考えてみると、どこからどこまでが自分の考えなのだろうか?

自分の考えだと思い込んでいることも、実はどこかで聞いた話ではなかろうか?



まあでも、人は周りの情報を吸収して学習するため、考えていることのほとんどはどこかで見聞きした情報をベースにしているに違いない。

逆に言うと、どこかで見聞きした情報の影響を受けていない、純粋な自分独自の考えなんてあり得ないだろう。

そういう意味では、盗作しないようにするのではなく(無理がありそうなため)、うまく盗作して、その上に自分の考えを添加するようなことを心掛けた方が良さそうだ。





ということで、わずかに自分の考えを添加しただけの盗作+αブログを書き続けていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-06-02 06:41 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム