落ち込んだ気分は書いて消す・・・

『なぜ、「あれ」が思い出せなくなるのか 記憶と脳の7つの謎』(ダニエル・L・シャクター 著、春日井晶子 訳)という本の感想、3回目。

落ち込んだ気分や苦しい記憶から逃れるための手段が書かれていた。
テキサス大学のジェームズ・ペンベーカーは、被験者に数日間にわたって苦しい経験を書いたり話したりしてもらう実験を行った。その結果、驚くほどの効果があがった。被験者の気分は明るくなり、免疫機能が高まり、医者にかかる回数が減り、試験での平均得点が上がり、欠勤が減ったのである。

こうした効果の直接的原因はまだはっきりわかっていないが、混乱した感情を伝えるために言葉にまとめることが、生理システムに重要な影響を及ぼすのであろうと考えられる。

ネガティブで気分が落ち込みがちな自分には気になる内容。

落ち込んだ気分にまつわることを言語化することがポイントと理解した。



ということで、気分が落ち込んだときにはさっそく試してみたい。

今日は休みなので朝から浮かれ気分だけど、どうせすぐに落ち込むに違いない・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-06-02 08:36 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム