正しい頭の使い方? 真実の追究よりも議論に勝つために・・・

『ソクラテスはネットの「無料」に抗議する』(ルディー和子 著)という本の感想、2回目。


次の記述に妙に納得した。
2010年にフランスの認知社会学者ヒューゴ・メルシエは、論理的思考能力(理性)が進化したのは、真実を見つけるためではなく、議論に勝つためであるという論文を発表して話題になりました。

「論理的思考能力(理性)はより良い意見やより良い意思決定にわれわれを導くことはできません。それは、われわれが他人を説得し、そして、他人にやすやすと説得されないようにするために進化した能力です」とメルシエ氏は主張します。

学生時代は「真実」かどうかが重要と思い込んでいたけど、サラリーマン生活では人を「説得」できるかどうかが最重要。

人を「説得」しやすそうだと思えば真実なんて二の次だ。



といいつつ、自分は苦手なのだ。

説得させようと思っても、返り討ちにあって逆に説得させられてしまう・・・。



なぜそうなってしまうのかと改めて考えてみると、真実を探してしまう癖が抜けきれていないからなのだろう。

もしかしたら相手の言い分の方が正しいのではなかろうか?、というような「真実追究モード」にすぐにハマってしまうのだ・・・。





ということで、「真実追究モード」から「議論勝負モード」に切り替えられるよう精進していきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-06-15 11:36 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム