自分自身のスペックをどれだけ客観的に把握できているか・・・

「錯覚学 知覚の謎を解く」(一川誠 著)という本の感想、2回目。

「メタ認知」に関する記述が気になった。
通常の進化の過程を通して人工環境に適応するのが困難だとしたら、適応のためにはどのような対策があるだろうか? この問いへの答えに関連して、知覚や認知の特性についてのメタ認知の重要性を挙げておこう。

メタ認知とは、自分自身の知覚や認知、行動の特性について客観的に把握し認識することである。

すなわち、自分の知覚や認知や行動の癖を客観的に把握した上で、そんな癖があることを前提として環境に適応できるよう対策を講じるべし、といったところか。

あるいは、自分自身のスペックを知り尽くした上で、そんなスペックを有する自分自身をうまく使いこなすべし。

または、自分のさえなさ加減を十二分に自覚した上で、そんなさえない自分が今の時代を生き抜く術を見い出すべし。



ということで、自分に埋もれてしまうのではなく、自分を外から眺めてコントロールできるよう努めていきたい。

ラジコンを操作するイメージだ。さえないラジコンを・・・。





なお、うまく操作するために、まずは自分自身の癖やスペックをよくよく客観的に把握する必要がありそうだ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-06-23 08:03 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム