この世界の全ては自己満足するための道具・・・

「哲学用語図鑑」(田中正人 著、斎藤哲也 編集・監修)という本の感想、2回目。


「道具主義」が気になった。
デューイは知識それ自体に価値はなく、人間にとって有用な道具でなくてはならないとする道具主義を唱えました。

「道具主義」とは、極端に言うと、「役に立つかどうかがすべて」ということと理解した。

個人的には非常にしっくりくる考え方。



人生の目的を1つ定めると、その他のことは全てその目的を達成するための手段(道具)となる。

例えば、人生の目的を「自己満足の最大化」と定めると、この世界の全ては自己満足を高めるための道具と考えることができる。

哲学もお金もお酒も読書もブログも、全ては自己満足を高めるための道具なのだ。



ただ、他人から見ると、自分は他人が目的を達成するための道具の一つに過ぎないということになりそうだ・・・。





道具として使われるよりも、あらゆる道具をうまく使いこなせるように努めていきたい。

特に、サラリーマン生活をいかに自己満足を高める道具にするかが問題だ・・・。






というような「道具主義」という役に立ちそうな道具・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-07-07 06:16 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム