サラリーマンが給料を得るために払う代償・・・

『「個人データ銀行」創設』という記事が、先日の日本経済新聞に掲載されていた。

三菱UFJ信託銀行は2019年にも、個人から購買履歴などのデータを預かり、民間企業に提供する「個人データ銀行」を始める方針を固めた。

個人はまず、自分の健康情報や行動記録など提供する情報を選ぶ。データを集めたい企業が利用目的や欲しいデータの種類をアプリ上で明示。個人は案件ごとに提供するか否かを決める。

個人情報を売ってお金を得る話のようだ。

個人情報を売るのは気持ち悪い気もするが、ネットの無料サービスを利用する見返りとして個人情報を提供しているのも同じようなものであり、今さら気持ち悪がっても遅いのだ。

また、このブログでも、ささやかな自己満足を得るために自ら個人情報をさらしている・・・。





なお、サラリーマンは何を売って(犠牲にして)お金(給料)を得ているのだろうかと改めて考えてみると、さえない自分の場合、命と健康以外のほとんど(時間・体力・気力・尊厳・良心などなど)を犠牲にしているように思う。

と言うより、さえない自分が収入を得るためにはそれらを犠牲にせざるをえないだろうから、むしろ命と健康以外は潔くあきらめることを戦略にしてなんとか稼いでいくしかなさそうだ・・・(アーリーリタイアできるまでは)。



一方、できるサラリーマンの場合、そもそも犠牲にしているというよりもゲームを楽しんでいるような感覚なのかもしれない。

どこまでが本音かわからないけど、「仕事がおもしろい」とか「ワクワクする」とかいう言葉を聞くこともあるし・・・。






ちなみに、できるサラリーマンからすると、そんなに仕事が嫌なら別の仕事をすればいいじゃないか、という話になるのかもしれないが、さえない自分が別の仕事をしたところでさえないに違いなく、なんとか継続してこれた今の仕事にしがみついた方が無難なのだ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-07-22 10:40 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム