個人情報を基に人間偏差値がつけられる・・・

「AIが人を格付け」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。

個人情報を基にAIが人を格付けするという話。
人工知能(AI)が様々な個人データを分析し、人を「格付け」するスコアリングの技術が急速に発展する。とりわけ金融の与信審査などで世界中に広がっている。

代表的なのが中国の電子商取引大手、アリババ集団の「芝麻(ゴマ)信用」だ。個人情報の公開や交友関係、返済能力、信用力、行動特性の5つの視点でAIが個人データを分析。信用度を350点から950点の範囲で格付けする。

学生時代の「偏差値」を思い浮かべてしまった。人間偏差値・・・。

個人情報を基にAIが金融機関利用者の点数をつけるということのようだが、いずれは個人情報を基にAIが国民の点数をつけるようになったり、個人情報を基にAIが社員の点数をつけるようになったりしそうだ(すでにしてる?)。

そうなると、進化論が自然選択ではなくAI選択になってしまうということか?

すなわち、環境に適応した者ではなくAIの判定基準に適応した者が生き残る・・・。



環境に適応できていない自分としては、ある意味チャンスなのかもしれないが・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-07-22 05:04 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム