GPIFのESG投資はTOPIXを下回っている・・・

「ESG投資 TOPIXを下回る」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されており気になった。

GPIFから発表された「ESG活動報告」によると、採用している3つのESG指数において2017年度の年間収益率がいずれもベンチマーク(TOPIX)を下回った、というような内容。

3つのESG指数とは
「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」
「MSCI日本株女性活躍指数」
「FTSEブロックサムジャパン指数」



なお、GPIFのホームぺージを見ると、ESG投資について次のような説明がある。
ESG投資に似た概念としては、社会的責任投資(SRI、Socially Responsible Investment)という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。定義の違いについては様々な説明の仕方がありますが、SRIがまずは倫理的な価値観を重視することが多いとされるのに対し、ESG投資は長期的にリスク調整後のリターンを改善する効果があるとされています。このためGPIFにとってのESG投資は、「年金事業の運営の安定に資するよう、専ら被保険者の利益のため、長期的な観点から、年金財政上必要な利回りを最低限のリスクで確保することを目標とする」というGPIFの投資原則に沿い、受託者責任を果たすことができる投資手法であると考えています。

すなわち、GPIFのESG投資はあくまで「リスク調整後のリターンの改善」を目的としているとのことのようで、つまり、アクティブ運用のような感覚なのだろう。

数あるアクティブ運用の中からESG投資がベストと考えて採用したということか?

その割には、「ESG投資は長期的にリスク調整後のリターンを改善する効果があるとされています」という歯切れの悪い表現が気になるけど・・・。



まあでも、実際のところは、「リスク調整後のリターンの改善」は建て前であり、「大人の事情から採用せざるを得ない」というのが本音なのだろう・・・。



また、ホームページに次のようなことも書かれていたけど、「ESG活動報告」をホームページの片隅にひっそりと貼り付けて何人の国民が読むと思っているのだろうか?
このたび、その取組みと効果を国民の皆様にご報告するため、初めて「ESG活動報告」を刊行いたしました。

国民以外の誰かにアピールするための資料に違いなく、こういうところからも大人の事情を勘ぐってしまう・・・。





いちゃもんはこれくらいにして、「MSCI日本株女性活躍指数」という指数を採用しているけど、内向的な性格の自分からすると「日本株内向者活躍指数」?のような指数も採用してもっと内向的な人に働きやすい企業になるよう導いてほしいな・・・。

内向ハラスメントを何とかしてほしい、という被害妄想・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-08-16 18:09 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム