結局 哲学を学んでみて何がわかったのか? 何かの役に立つのか??

この2か月くらい哲学の入門書を読んでみた。

「哲学マップ」(貫成人 著)
「知識ゼロからの哲学入門」(竹田青嗣 著)
「哲学用語図鑑」(田中正人 著、斎藤哲也 編集・監修)
「カント入門」(石川文康 著)
「哲学の教科書」(中島義道 著)
「図説・標準 哲学史」(貫成人 著)
「ニーチェ入門」(竹田青嗣 著)
「新しいヘーゲル」(長谷川宏 著)


その結果何がわかったかというと、「結局何もわからない」ということがわかった・・・。

すなわち、理性はある仮定をベースにロジックを組み立てることしかできないけど、その依って立つベース(仮定)が正しいことを証明することはできないようだ。

つまり、ベースのところで勘違いしている恐れがあり、それをベースにした考えはすべて間違えている恐れがある。

「ベースのところ」とは、例えば時間や空間の認識などなど。3次元的な空間の認識は正しいの?



まあでも、よくよく考えると、『「結局何もわからない」ということがわかった』というのも矛盾しているような・・・。

より正しくは、『「結局何もわからない」ということがわかった』と思ったけど、それが本当に正しいかどうかわからない、といったところか・・・。





そんなことを学んで何かの役に立つのかと考えてみると、結局何が正しいのかわからいのであれば、やはり(社会から追い出されない範囲で)自己満足を追求するしかないのだと確信できた(開き直ることができた)。

もちろん、その確信が正しいかどうかわからない・・・。





ということで、これまで以上に自己満足を追求していきたいが、ここに書いた内容が正しいかどうかわからない・・・。

どうせ何が正しいのかわからないのであれば、自己満足できることを書いて勝手に自己満足しておこう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-08-17 11:17 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム