生物の知恵にも学んで株式投資・・・

『最後の講義「生物学者 福岡伸一」』というTV番組が放送されていた。

生物学者福岡伸一氏が自身の生物観を語る内容。



生物は積極的に己を壊して作り替え続けている、というような話が印象的だった。
なぜ生命だけエントロピー増大の法則に逆らって続いているかというと、頑丈につくるっていうことを最初からあきらめて、ゆるゆるやわやわに自分自身をつくっておいて、エントロピー増大の法則が襲ってくるよりも先回りして自分自身を壊して、積極的に壊して長い間秩序を守り続けた。

原子レベルで見ると、体を構成する物質は常に入れ替わっており(新しい物質を食事で取り入れて、古い物質をうんちとして排出する)、1年もすると体はほとんど別モノになっているとのこと。

生物の体は、自らの体を作り替え続ける工場のようなイメージなのだろう。壊れてしまう前に自らをどんどん作り替えていく工場。



そのようなことを考えると、「少子高齢化」は最悪の事態なのかもしれない。

すなわち、どんどん作る(子供を増やす)ことよりも、壊れないようにする(死なないようにする)こと(無駄な抵抗?)に力を入れてしまっている・・・。



また、ケチな自分の質素倹約戦略は得策ではないのかもしれない。

すなわち、どんどん稼ぐことよりも、減らさないこと(無駄な抵抗?)に力を入れてしまっている・・・。



さらに、事なかれ主義な自分の性格は生き残るうえで有効ではないのかもしれない。

すなわち、プラスになることをするよりも、マイナスになることをしてしまわないこと(無駄な抵抗?)に力を入れてしまっている・・・。



まあでも、「盛者必衰」であろうことを考えると、結局すべては無駄な抵抗であり、生きることは無駄な抵抗をすることなんだろうけど・・・。



ということで、盆休みも終わって明日からまた仕事だけど、せいぜい無駄な抵抗に励んでいきたい・・・。







ちなみに、資本主義の世界を一つの生物に例えると、株式投資はその生物自身をどんどん作り替えていく活動の一部なのかもしれない。

隆盛を極めた企業もいずれ衰えていくけど、新たな企業がまたのし上がってくる。株式に投資することで、その作り替え作業に参加することができる。生物のようにエントロピー増大の法則に逆らってやるのだ!!

そういうポジティブなことも考えつつ株式投資を続けていきたい。



まあでも、どうせ無駄な抵抗なんだろうけど・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-08-19 10:12 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム