そろそろ人類も終活? 地球の資産を食い尽くして老後破産する前に・・・

『「地球の限界」超えぬ成長を』という記事が日本経済新聞に掲載されていた。

ストックホルム・レジリエンス・センター所長ヨハン・ロックストローム氏が地球の持続可能性と成長の両立について書いた内容。

一部を抜粋。
気候変動、生物多様性、土地利用の変化、窒素・リン汚染の4分野は、すでに限界値を超えた。淡水の消費は今後20年程度で限界値に達するかもしれない。だが私たちの努力で安全な領域に戻すことは可能だ。プラネタリー・バウンダリーの範囲内で人類が繁栄する道を探る必要がある。

私たちは社会的な責任を果たすためというよりも、経済の競争力を保つために地球環境を維持していると考えた方がいい。プラネタリー・バウンダリーは成長の制約条件ではなく、成長維持の戦略だ。地球の持続可性と成長の両立は可能だと信じている。
※「プラネタリー・バウンダリー」とはロックストローム氏が提唱する地球の限界の概念


個人的には、地球環境の維持・改善は無理だと思う。

地球環境が維持・改善するのは人類の成長が止まって転げ落ちるときに違いない。

維持・改善できないと考える理由を3つ挙げてみる。
1.個人や企業や国は己が生き残ることでいっぱいっぱいで地球環境のことを考える余裕がない
2.今日明日を生き残るには地球環境を犠牲にする方が有利
3.自制するよりも欲望を追求しないと成り立たない社会になっている

特に3つ目が強力なような・・・。



ということで、壊滅的なダメージを受ける前に、そろそろ人類も成長を辞めて終活に入った方が良いような・・・。

といっても上記理由を考えると無理だろうけど・・・。





ちなみに、もしも世界の全員が自分だったら持続可能な地球環境を維持する自信はあるけど、その代わり、発達せずに貧しく不便な生活を送ることになるに違いなく、別の意味で壊滅的な状況になるかもしれない・・・。





ということで、地球環境がなんとかもっている今のうちに、この便利で快適な生活をせいぜい謳歌しておきたい・・・。








まあでも、人類には火事場の馬鹿力という最終兵器があるため、最後はなんとかなるのかも??
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-08-25 07:27 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム