バリュー投資の死? ゲームのルールが変わった?

「バフェット流運用の受難」という記事が日本経済新聞に掲載されていた。

バリュー(割安)投資の運用成績が低迷しているという話。


「バリュー投資の死」や「ゲームのルールが変わった」という刺激的な言葉が気になった。
株式市場で「投資の常識」が揺らいでいる。米著名投資家ウォーレン・バフェット氏に代表される「バリュー(割安)投資」の運用成績がふるわない。

割安株の低迷は日本では09年から顕著で10年目に入る。世界でも同傾向で世界株では11年目。米ゴールドマン・サックス証券によるとこれまでの過去最長、ITバブルに至る90年代後半の2倍の長さだ。米ウォール街では「バリュー投資の死」の言葉さえ聞かれる。

米著名投資家のデイビッド・アイホーン氏は「株式の価値が利益ではなく、社会に変化をもたらす破壊的企業かどうかで測られるようになったのでは」とゲームのルールが変わった可能性を指摘する。

バリュー投資を得意としてきた「さわかみ投信」もグロース投資を取り入れ始めたというようなことも書かれてあった。

インデックスファンドに投資している自分としては、ゲームのルールが変わってバリュー投資が死んでもかまわないけど、ゲームのルールが変わって株式投資自体が死んでしまったら困るな・・・。



逆に、サラリーマン生活においては良い意味でゲームのルールが変わって、さえない自分も生きやすいサラリーマン社会になって欲しい・・・。



また、自分が死んでしまわないようにするために、自分で変えられるゲームのルールは自分に都合良く変えていきたい。

特に、無意識のうちに自分が自分自身に課している人生というゲームのルールを見直したい。




ということで、自分が死んでしまわないようにするために、自分で変えられるゲームのルールは自分に都合良く変えて、自分で変えられないゲームのルールはその変化に注意していきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-08-26 05:39 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム