インデックスファンドの積立投資という暫定的な投資手法・・・

「希望の思想 プラグマティズム入門」(大賀祐樹 著)という本を読んだ。

アメリカ生まれの哲学「プラグマティズム」(実用主義)を解説する内容。

哲学のための哲学ではなく、生きるための哲学という印象。



「投資手法」に置き換えて、理解した内容を整理してみる。

・唯一絶対に正しい投資手法は存在しない
・うまくいく(投資の場合は儲かる)投資手法が良い投資手法(良い道具)であり、正しいかどうかではなく結果的にうまくいくかどうかが問題だ
・良い投資手法は常に暫定的であり、より良い投資手法を求め続けるべし
・唯一絶対に正しい投資手法は存在しないため、自分や他人の投資手法はそれぞれある程度正しい
・他人の投資手法について、その考え方をある程度理解できるため、ある程度の相互理解は可能
・このように考えることで、多数の投資手法が共存する社会を実現することができる

「投資手法」の部分を宗教や信念や科学などなど、あらゆるものに置き換えて考えることができる。

このように考えることで、多様な信念の持ち主からなるリベラルで民主的な社会を実現できる、と書かれていた(と理解した)。



(正しく理解できているのかどうかは置いといて)このようなプラグマティズムの考え方は個人的には非常に腑に落ちる考え方であり、生き抜くための「良い道具」として使っていきたい。

そして、より良い道具(より使い勝手の良い道具)となるよう改良を加えていきたい・・・。



また、現時点で良いと(儲かると)考えている暫定的な投資手法として、インデックスファンドの積立投資を継続していきたい。

ただ、結果的にうまくいくかどうかがわかるのは老後になってからであり、改良できる余地はあまり無いのだけど・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-08-26 08:05 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム