読書メモ71 『週刊ダイヤモンド 2013年10月19日号』

『週刊ダイヤモンド 2013年10月19日号』

この号は国債についての特集記事がある。

発売時に本屋でちらっと立ち読みしたのだが、
再度図書館で借りて読んでみた。

基本的に投資関連の本は図書館で借りることにしている。
資産運用をするための本で散財するのは本末転倒な気がするのだ。

と言いながら、資産運用の本に関わらず基本的に図書館である。
本で住民税の元をとるのが目標だ。


で、本題である。
よく理解できていない点が多いため詳細は省くが、
このままいくと日本国債はやばい(暴落する)かも、
と言う論調である。

本書ではじめて知り興味深かった内容は次のことである。
日本の国債市場は市場と呼べるようなものではなく、
財務省とメガバンクたちの談合みたいな感じで成り立ってきたらしい。
そして、その関係が最近崩れてきたようだ。
日銀がインフレ達成のために国債を買うことになったために。
(↑内容を正しく理解できていない可能性大)

ちなみに、日本だけではなく、
アメリカやイギリスなどの他の先進国でも
国債の管理には頭を悩ませているとのこと。

経済学がどのような学問かよくわかっていないが、
こういうのは経済学でスッキリ解決しないのだろうか?


国債はやばいかもと言うのはわかったが、
それをどこまで気にする必要があるのかについて
よくわからないから困ったものだ。

現時点では、気にしすぎなのかもしれないが、
株式よりもリスクの低い資産と言う意味で国債を
持つことの有効性に疑問を抱いている。


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-11-17 20:14 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム