ブラック企業での出世のしかたから学ぶ・・・

「ブラック企業経営者の本音」(秋山謙一郎 著)という本の感想、2回目。


ブラック企業(金融業界)で出世した経営者の話が印象的だった。どうやって出世の階段を上ったのか?という質問に対する回答。
何も考えないことですね。辞めたらそれで終わり。どんなに嫌なこと辛いことがあっても、耐えてさえいればなんとかなります。

我を出さない。決して自己主張しない。自分の頭で考えてはならない。これさえ守っていれば、世間で過酷といわれる業界、どこでも生き残れるんじゃないかな。生き残ることを目的にすればいいんです。そしたら、ちっぽけなプライドなんて捨てられますから。

耐えること。そして従順な人形を演じること。演じるんです。本当に従順な人形になってしまえば、生き残ることは無理。いい時期に整理、リストラされてしまうから。

従っているフリはするけれど、腹の中では違うことを考える。これが、演じるということ。従順な人間になって上から言われたことをそのまま飲み込むだけだと、いつか会社から使い捨てられてしまいます。

要するに、生き残ることに注力して辞めなかったから出世できた、ということのようだ・・・。

自分の置かれている状況と照らし合わせると、「自己主張しない」や「自分の頭で考えない」はちょっと違うように思うけど、「生き残ることを目的にする」は参考にしていきたい。

といっても、自分の場合は出世するために生き残るのではなく、収入源を確保し続けるために生き残る。



また、転職は考えなかったのか?という質問に対する回答も印象的だった。
そう考えるようでは、金融、いや、どこの業界でも生き残れないんじゃないかな。

この点も参考にして、よそ見をせずに今の組織を生き抜くことに注力したい。



ということで、収入源を確保し続けるために今の組織をしぶとく生き抜くべく努めていきたい。

昇給や昇進やプライドなんかよりも何よりも組織で生き残ることが最優先・・・。







ちなみに、「耐えてさえいればなんとかなります」と書かれていたけど、ブラック企業で耐えすぎるのも健康面で危険なような・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-09-17 11:10 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム