社員から社畜へ 自衛隊に学ぶ社畜のつくり方・・・

「ブラック企業経営者の本音」(秋山謙一郎 著)という本の感想、3回目。


「社員から社畜へ堕とす」という話が興味深かった。
ブラック企業経営者は、入社した新人に、まず最初にガツンとやっておく、これによって”社員”気取りで入社した新人は、一気に”社畜”へと堕ちていく。

最初に一発カマしておけば、もう後で労働基準法だの、パワハラだのを言うことはない。新人は「社会では何が正しいか」ではなく「経営者が正しいと思っていることは何か」を軸に行動するようになる。”社畜”の出来上がりというわけだ。

なるほど、経営者を教祖にしてしまうようなイメージか。

「社員から社畜へ」とはすなわち、「社長から教祖へ」あるいは「企業から宗教へ」ということなのだろう。

そういう意味では、社畜とは信者のようなものか・・・。



さらに、「まず最初にガツンとやっておく」の事例として自衛隊の新入隊員教育をとりあげていた。
今日の入隊式をもって、お前たちは、自衛隊の一員となった。お前たちは今日から自衛官としてやっていくと宣誓した。これは、お前たち自身で行ったことだよな? 誰か自衛隊の側から『どうか自衛隊にお入りください』と言われた者はいるか? いないよな? そうだ。お前たちは、自衛隊の一員であると、自分たち自身で申し出たわけだ。そして、今日の宣誓で、お前たちは、自衛隊では一番下の階級として入隊することが認められたわけだ。つまり俺たち、上官の言うことに絶対服従する立場だ。わかったな! 返事は?

返事は”はい”だ。わかったか?

今、返事しなかった奴いるな? どこのどいつだ? 全員、腕立て伏せ用意!!

お前ら、腕立て1人でも手抜いたら、全員連帯責任だ! わかったか? 返事は?

教官に逆らうと、どういうことになるか。お前ら、わかってるな!

自分が新入隊員だったら絶対服従してしまうに違いない。絶対服従している新入隊員の自分の姿が頭に浮かんでくる・・・。

自分は間違いなく洗脳されやすい(社畜になりやすい、信者になりやすい)性質だと思うので、十二分に注意していきたい。

といっても、どう注意すればよいのかよくわからないのだけど・・・。



ということで、「洗脳されない方法」についてネットで調べてみた。

あれこれ調べて考えた結果、次のいずれかの状況になったら誰かが自分を洗脳しようとしているに違いないと注意するようにしたい。
1.自由な時間をとれない(特に十分な睡眠時間をとれない)
2.周りとの接触を制限される
3.自己嫌悪に陥る・卑屈になる

このように考えると、現時点で最も洗脳されている可能性がありそうなのは、やっぱり勤めている会社だな。さっそく要注意リストのトップに挙げておこう・・・。





ということで、洗脳された社畜にならないよう、上記3つの状況には特に注意していきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-09-17 14:15 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム