読書メモ73 『稼ぐ経済学』

『稼ぐ経済学』
竹中正治


著者の考える/実践している投資手法について書かれた本であり、
大変興味深い内容であった。
と言うのも、こう言う投資方法はできないものかと
自分が考えていた内容に近かったのだ。
大げさに言うと、今後の投資人生に希望が見えてきた。


投資のタイミングを計ることに関する内容であるが、
その内容を簡単に言うと、
不況時に株式やREITなど高リスク資産の比率を上げて、
好況時にのそれらの比率を下げる、
と言うことだ。

好況不況の波を利用して、
長期的に利益を上げることを目指すのだ。
現在が好況か不況かくらいは新聞などの情報からわかるであろう。

このような投資スタイルを目指そうと改めて思った。


上記はかなり簡単化して書いているが、
実際は濃い内容であり、
自分的にお勧めの本である。

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-11-23 22:02 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム