さえない理系サラリーマンがつまづくポイント・・・

『リスクにあなたは騙される 「恐怖」を操る論理』(ダン・ガードナー 著、田淵健太 訳)という本の感想、3回目。


「科学の言葉」に関する内容が気になった。
残念なことに、科学の言葉は、メディアが求めているわかりやすくはっきりした発言とは正反対である。

科学の世界では、あらゆる知識が一時的なものであり、あらゆる事実が異議申し立てに対して門戸を開いている。一〇〇パーセント確実だと伝えることは決してない。その代わりに、これこれの確信の度合いで事実がわかっていると述べられる。

さえない理系サラリーマンの自分が仕事でつまづくポイントの一つは、正にここにありそうだ。

すなわち、会社はわかりやすいはっきりした発言を求めてくるけど、自分の全ての考えは一時的なものであり100%確実だなんてみじんも思っておらず多くの反論の余地があると自覚しているため、発言があいまいになってしまう。


まあでも、多くの人も同様のことを思いながらも、確信を持っているフリをしているだけなのかもしれないが・・・。


また、言い切れない内容を、(実は何も言い切っていないのだけど)言い切ったような印象を与える表現で伝えることも大切なのだろう・・・。



ということで、ほどほどの収入を得続けるために、確信を持っているフリや、実は何も言い切っていないのに言い切ったような印象を与える表現の習得に努めていきたい・・・。






ちなみに、最近は、事実や自分の考えよりも何よりも、いかに相手の思考を先回りして反論の余地を与えないようにしておくか、といういかにもサラリーマンらしい?方向に走っているような・・・。

それはそれである意味成長したのかも・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-09-29 08:39 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム