ニュースはバブル? 皆が注目しているコトを気にせずにいられるか・・・

『リスクにあなたは騙される 「恐怖」を操る論理』(ダン・ガードナー 著、田淵健太 訳)という本の感想、7回目。


メディアが誇張したニュースをヒステリックに伝える理由が3つ挙げられていた。

1.読者の獲得や視聴率向上のため
2.昔よりも忙しくなった記者が(誇張された)元ネタの真偽を確かめなくなったため
3.記者自身も誇張されたヒステリックな情報に心を動かされるため

このさえないブログにも当てはまりそうなことばかりで大変納得でき、ニュースを見るときは改めて注意したいと思った。


特に注意したいと思ったのは、気にすべきニュースなのか?、ということ。

中でも皆の注目を集めているようなニュースは、皆が注目を集めているということだけでも気になってしまいそうになるが(進化の過程で身につけた生き抜く知恵の一つなのだろう)、本当に気にすべきニュースなのだろうか?

逆に、(取り上げられていないけど)もっと気にすべきニュースは無いのか?


このようなことをアレコレ考えると、ニュースは記者自身や世間一般的に興味関心がある出来事を面白おかしく伝えるもの、程度に考えていたほうが良さそうだ・・・。





ちなみに、上記した”皆が注目を集めているというだけでも気になってしまいそうになる”というのは、「バブル」に通じるものがありそうだ。

すなわち、中身はともかく皆の注目が集まれば集まるほど、他の人も気になってしまいさらに注目度が高くなる。

ニュースとして取り上げられるような出来事は、そもそもそういうものなのかもしれない・・・。



ということで、ニュースとは記者自身や世間一般的に興味関心がある出来事を面白おかしく伝えるうちにバブル状態になったもの、と解釈しておこう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-10-06 13:03 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム