世界のからくりを知って興ざめしたところから人生は始まる・・・

「演劇入門」(平田オリザ 著)という本を読んだ。

演劇を作るためのハウ・ツー本であり、また同時に人間(特にコミュニケーション)について多くの発見を与えようとする本。



演劇が人を騙すからくりを知った上で鑑賞してほしい、というような話が印象的だった。
例えばカナダでは、「テレビがいかに人を騙すか」を、テレビの側から情報開示していくことが法律で定められているという。

同様に私は、「演劇がいかに人を騙すか」というからくりを、すべての人に知ってもらった上で、演劇を鑑賞してほしいと願っている。

私自身、ここに記してきたような戯曲講座を始めた頃には、正直なところ、大きな違和感があった。このようなことを書いたり喋ったりすることは、私が戯曲を組み立てる上で行っているさまざまな操作を種明かしすることに等しいからだ。手品を見せる前に種を明かされているのだから、講座の生徒たちは、次に私の芝居を観るときには興ざめしてしまうのではないかと思ったのだ。例えば、何かの台詞を聞いたときに、「お、ここは遠いイメージから入ってきたな」などと思われたら、作家として、あまりいい気分ではない。

だが、演劇は手品ではない。いや逆に、演劇とはすべての手の内をさらけ出したところから始まる芸術なのではないかと、私は最近考えている。

ここに書かれているような「からくりを知る」というのは、生きていく上でとても重要だと思う。

例えば、社会(国や企業や宗教や学校などなど)が人を騙すからくりを知ったり、また、自分自身(体や脳の仕組みや個性など)や自然科学のからくりを知ったりすること。すなわち、この世界のあらゆるからくりを知ること。

ただ、抜粋部分にも書かれているように、からくりを知りすぎると興ざめしてしまうのではという危惧があるけど、さえない自分が生きていくには興ざめ問題よりもからくりを知ることの方が重要だ。

世界のからくりを知って興ざめしたところから人生は始まる、と開き直っておこう・・・。



ということで、世界のからくりを知るためにこれからも読書を続けて、学んだからくりをこのブログに書き残していきたい。

興ざめブログを目指すとしよう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-10-07 09:06 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム