サラリーマンは演じるのが仕事? 自己満足よりも客観的評価・・・

「演劇入門」(平田オリザ 著)という本の感想、4回目。



「演技」とは何だろうか?

改めて考えてみると、他人にアピールするため(客観的評価を上げるため)の行為、ということになりそうだ。

一方、その逆はというと、自己満足するため(自己評価を上げるため)の行為、となるのだろう。



サラリーマンが給料をアップするためには、客観的評価を気にする必要があり、したがって、極端に言うと、「演技」に走る必要がある。

ただ、そんな「演技」に走りすぎると、自己満足が低くなる恐れがある。



自分は、客観的評価よりも自己満足を追求する傾向にあるように思うけど(例えば、このブログも客観的評価よりも自己満足の追求に走っている)、その根底には演技に嫌悪感を抱きやすい性質もあるように思う。

そして、そんな演技を避けてしまう性質が”さえなさ”につながっているような・・・。

サラリーマンとして給料を得続けるためには、自己満足よりも客観的評価を上げるべく、もっと演技を取り入れた方が良いのかも・・・。



ということで、自己満足の追求に偏りがちな自分は、収入を得続けるためにも、もう少し客観的評価を上げるべく演技に精を出していきたい。

サラリーマンは演じるのが仕事、くらいに思うとしよう・・・。





ただ、演じすぎるのも見透かされてしまうように思うので、バランスが大切なのだろうけど。

というより、演じていないかのように自然に演じる技が必要に違いない。

サラリーマン劇場の道は険しそうだ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-10-13 00:43 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム