超能力をこんなに信じるアメリカ人を引き合いに出して投資を勧められても・・・

「人間この信じやすきもの 迷信・誤信はどうして生まれるか」(トーマス・ギロビッチ 著、守一雄・守秀子 訳)という本を読んだ。


人間の誤信しやすい(現実を誤って解釈しがちな)性質をとりあげて、その解説や対策について書かれた内容。



人間が誤信しやすいのは、誤信しやすいように進化してきたから、と理解した。

すなわち、己を取り巻く膨大な情報の中から必要な知識を抽出して生き抜くためには、(厳密ではなくても)正しそうな知識を瞬時に抽出して採用する必要があったに違いない。

例えば、
・わずかな規則性をもとにパターン(らしきもの)を見出そうとする
・不完全な情報から推測する
・一度うまくいった方法を良い方法だと思う
などなど。

ただ問題は、一旦正しそうだと思ったら、正しいに違いないと思い込んでしまうこと。



そして、そのような誤信しやすい性質への対策は、自分の誤信しやすい性質をよく理解して間違えた思い込みをしないように気をつけること。



ということで、すぐにパターンを見つけようとしがちな自分も、誤信しないよう重々注意していきたい。

程度の大小はあれど、すべては誤信に違いないくらいに思っておくのがちょうどいいのかも・・・。





なお、超能力はどの程度信じられているか?、という話が印象的だった。
アメリカ合衆国で行われた全国規模の調査によれば、国民の約半数が超能力が存在すると考えており、大学卒業生では、67%まで達している。

なかでも、最も衝撃的な調査結果は、全米規模で実施された調査で、成人の3分の2が超能力をみずから体験したことがあると答えているのである。一般の人々にとって、客観的な証拠にもとづく厳正な評価がなくても、超能力は信じられるもののようである。

人はこんなにも誤信しやすいということか・・・。



ちなみに、しばしばアメリカを引き合いに出して日本の個人投資の少なさを指摘されるように思うけど、こんなにも超能力を信じるような人たちを引き合いに出されても・・・。

つまり、アメリカ人が株式投資を信じるのは、超能力を信じるようなノリ(単なる誤信)かもしれないのだ・・・。







まあでも、このような内容も自分の誤信に違いないし、自分が投資しているのも誤信の結果に違いないし、自分が生きていると思い込んでいることすら誤信に違いない・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-10-13 12:27 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム