「意識」は何のためにあるのだろうか・・・

『脳はなぜ「心」を作ったのか 「私」の謎を解く受動意識仮説』(前野隆司 著)という本の感想、2回目。


「意識」はエピソード記憶のためにある、というような記述が気になった。
つまり、エピソードを記憶するためには、その前に、エピソードを個人的に体験しなければならない。そして、「無意識」の小人たちの多様な処理を一つにまとめて個人的な体験に変換するために必要十分なものが、「意識」なのだ。「意識」は、エピソード記憶をするためにこそ存在しているのだ。「私」は、エピソードを記憶することの必然性から、進化的に生じたのだ。

この部分はすんなり納得できなかったのでアレコレ考えてみた結果、次のようなことかと理解した。

以下のような行動のステップを考えてみると、「エピソード記憶」とは「物語を作り上げて記憶する」ことであり、「意識」無しにはできそうにない。

Step1.五感から得られた情報を元に無意識のうちに体が反応(行動)する
Step2.無意識の体の反応(行動)を元に意識が物語を作り上げて記憶する
Step3.五感から得られた情報と意識が作り上げた物語を元に無意識のうちに体が反応(行動)する
Step4.無意識の体の反応(行動)と意識が作り上げた物語を元に意識が物語を作り上げて記憶する
以下、Step3とStep4の繰り返し。

ここで、「物語を作る」とは、自分なりの世界観を作り上げたり、自分の行動に意味を与えたり、他人の行動の意図を想像したり、計画を立てたり、宗教や学問を作り上げたり、小説を書いたり、アレコレ推論したり、などなど。

意識があるおかげで「物語を作る」ことができ、「作った物語」が無意識の反応(行動)に影響を与える。



ということで、生き抜くのに都合の良い物語(無意識が都合の良い反応(行動)をするような物語)を意識的に作ることに努めていきたい・・・。





というような都合の良さそうな物語を意識的に作ってみた・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-10-20 11:09 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム