市場の効率性と投資スタイルについて

自分がとろうとしている(理想と考えている)投資スタイルと
市場の効率性の関係について、考えを整理しておく。


まず、理想と考える投資スタイルと、効率的な市場について、
ここでの定義を書いておく。

■理想と考える投資スタイル
 景気の循環に合わせて投資配分を変える
 すなわち、不況時に株式比率を高めて(安値で株を買って)
 好況時に株式比率を低くする(高値で株を売る)

■効率的な市場(の個人的な解釈)
 現在この世にある(インサイダー情報以外の)全ての情報をもって、
 完全に合理的に考えたとしても、
 50%以上の確率で平均以上の結果を出し続けることは不可能


あれこれ考えた結果、結論は以下
「市場が効率的かどうかに関わらず、
 理想の投資スタイルは同じである。」



そう考える理由。
市場が効率的であろうとなかろうと、
好況時の方が(不況時と比較して)株価の平均は高いと考えるため。



なお、参考までに書いておくと、
以下の理由から、市場は効率的ではないと考えている。
・得られる情報には限りがある
・合理的な判断ができない  ←特に素人
・常に他より成果を上げることを考えるため、
   敢えて合理的ではない行動をとることになる ←特にプロ



また、上記投資スタイルは、
合理的ではない(現実の)市場の方が、
合理的な(想像上の)市場よりも有利だと考えている。

その理由
現実の市場ではバブルとその崩壊が起こるため、
効率的な市場よりも、より安く買うことができる可能性があるため。
(より高く売ることを考えるのは危険)

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-11-24 12:30 : 投資手法 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム