なぜ外国株式に占めるドイツの割合は小さいのか・・・

外国株式のインデックスファンド(MCSIコクサイ)に占めるドイツ企業の割合の小ささが、前々から気になっていた。

イメージ的にもGDP的にも、ヨーロッパの中ではドイツの占める割合が最も大きくなりそうに思うけど、実際は、イギリスやフランスよりも割合が小さい(eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの9月度の月報によると、イギリス6.66%、フランス4.15%、ドイツ3.61%)。


今さらながらその原因をネットで調べてみると、ドイツは有限会社が多いらしいので、それが影響しているに違いない。

また、創業者一族や一族によって設立された財団によって持分の過半数が所有されているケースも多いようだ。


外国株式のインデックスファンドに投資しているからといって、ドイツ企業からの恩恵を丸ごと受けられるわけではないということか・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-10-21 07:42 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム