仕組まれた「幸せ」には気をつけたい・・・

『仏教と科学が発見した「幸せの法則」 「心」と「私」のメカニズムを解き明かす』(アルボムッレ・スマナサーラ、前野隆司 著)という本の感想、2回目。


前野氏の次の発言が気になった。
能力に対してタスクのレベルが低すぎると、人は簡単すぎて退屈に感じます。逆に能力に対してタスクのレベルが高すぎると、ストレス超過になります。ストレスが多すぎるのです。能力に対して少し難しいぐらいの、適切なチャレンジを続けるのが、能力的にも成長することのできる、もっとも幸せな状態だといえます。ストレスがないとだめですが、ありすぎてもだめ。きちんとフローの状態を維持できる社会がいいのです。

さえない自分にとって、サラリーマン生活はストレス超過の状態だけど、できる人たちにとっては、能力とタスクのレベルがちょうど良いフローの状態にあるに違いない。

サラリーマンが社畜となってしまう原因の一つはそこにありそうだ。



できるサラリーマンにとって、フローの状態を維持し続けられるサラリーマン生活は幸せなのかもしれないが、極端に言うと、その状態はエサを与えられて満足する家畜のようなものだろう。

能力に見合ったタスクを与えられることに満足して、ひたすらタスクをこなし続ける社畜生活。



一方、その裏では、家畜へのエサやりのように社畜へのタスクやりを続ける経営者たちがほくそ笑んでいるに違いない・・・。



サラリーマン生活に限らず、現代社会にはそのような仕組まれた「幸せ」がいたるところにありそうであり、要注意と感じた。

「幸せ」を感じたら、その裏で誰がほくそ笑んでいるのか考えるようにしたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-10-27 06:56 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム