物を作る前に人を作る前に効率の良い儲け方を考える・・・

「新成長産業 KADEN シリコンバレーも熱視線」という記事が日経ビジネス(2017年10月9号)に掲載されていた。

大手から新勢力や海外勢まで、家電業界の取り組みを紹介する内容。


シャープを取り上げた次の箇所が気になった。
「サービスでも稼げ」。戴正呉社長が掲げるのは脱・売り切り型のビジネスモデル。今期からは、これまで「商品企画」としていた開発の出発点を、川下のサービスにどうつなげるかを含めた「事業企画」に改めた。「今は機器単体でもうける提案だけでは開発にゴーサインンを出しづらい」と沖津常務は語る。

徐々にではあるが、製品だけでなく、どんなサービスを想定しているのかを合わせた提案が出始めている。

家電業界と言えば、「物を作る前に人を作る」という松下幸之助氏の言葉を読んだことがあるけど、上記内容は「物を作る前に効率の良い儲け方を考える」という感じか。

物不足の時代は作れば売れたのかもしれないが(とにかく作ることが儲けるための手段だった)、物余りの今となっては、まずは効率の良い儲け方を考えてからそれを実現するための物を作る必要があるということなんだろう(と理解した)。



ということで、さえないエンジニアの自分としては「物を設計する前に効率の良い儲け方を設計する」必要があることを意識しておきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-12-16 13:19 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム