やっぱり世の中言った者勝ち・・・

「遊牧民から見た世界史 民族も国境もこえて」(杉山正明 著)という本を読んだ。

スキタイ、匈奴、突厥、ウイグル、モンゴルなど、ユーラシア大陸の遊牧民の歴史を紹介する内容。


学校で習った世界史と言えば、中国とヨーロッパを中心としたものだったけど、それは中国やヨーロッパの視点から見た世界史だったんだと改めて感じた。

遊牧民の歴史はと言えば、モンゴル帝国を除くとほとんど取り上げられていない。

なぜそうなってしまうのかと言うと、一つの理由は、中国とヨーロッパが文字で歴史を残してきたからであり、しかもそれは自分たちが世界の中心の自分たちに都合の良い歴史。

表現を変えると、中国やヨーロッパは歴史書を通して自分たちの正当性を主張し続けてきた。

一方、遊牧民の上記国々は、中国やヨーロッパを凌駕するような巨大な帝国を作っていながら、文字で歴史を残してこなかったがために、こすなわち自分たちの正当性を主張してこなかったがために、中国やヨーロッパ視点(敵対的な視点)から辺境の野蛮な国ということにされてしまう・・・。




ということで、世の中言った者勝ちだと改めて思った。

普段だんまりの自分は反省して、まずはこのブログを通してひっそりと主張するところからはじめよう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2018-12-22 05:45 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム