リターンとリスク

リターンとリスクに関する考え方の整理

株式投資の結果は正規分布に従うと考える
期待リターン:平均  ○○%
想定リスク:標準偏差  △△%


運用後の金額の上限/下限(95.45%の確率)
⇒投資金額×(平均±(2×標準偏差))


参考
±σ:68.27%
±2σ:95.45%
±3σ:99.73%


ここで、
平均と標準偏差はこれまでの実績から算出する
詳しいことはわからないが、
リターン(平均)を精度よく求めるのは困難。
リスク(標準偏差)はリターンよりは精度よく求めることができる。
らしい。


分散投資
相関性が小さいものに分散して投資することで、
リターン(平均)を犠牲にすることなく、
合計のリスク(標準偏差)を小さくすることができる


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-07-14 19:52 : 投資手法 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム