日本人は日本刀で戦っていくしかないということか・・・

「混沌を読む」という日本経済新聞の記事に、三井物産社長 安永竜夫氏のインタビューが掲載されていた。


グーグルなど「GAFA」への日本の対応に関するコメントが気になった。
リアルの世界で頑張っていくしかない。日本人はもの作りの細部にこだわるのは得意だが、ITのプラットフォーム(基盤)やルールをつくるのは不得手だ。米国や欧州、中国で生まれた普遍性のある仕組みがグローバルスタンダードになっていくのは仕方がない。

グーグルが自動運転を確立し、自動車メーカーになるという脅威が指摘されるが、むしろGAFAは便利な技術の基盤と考えるべきだ。自らが技術の基盤を作ろうとすると莫大なコストがかかる。それよりも、その技術を使って日本企業が強い作り込みの部分でどう戦うかを考えないといけない。

職人気質との自覚のある自分も細部へのこだわりは得意のように思っており、上記抜粋部分のように作り込みの部分で戦えれば万々歳なんだけど、それで本当に戦えるのだろうかとすごく疑問を感じてしまう。

すなわち、抜粋部分は立場を逆にすると次のようにも言えそうであり、こちらの方が現実的なような・・・。

『自らが細部の作り込みをしても儲けは少ない。それよりも、そんな儲けの少ない部分は日本企業にでもやってもらって、儲けの大きいプラットフォームでどう戦うかを考えないといけない。』


(氏の真意と自分の受け取り方に乖離があるのかもしれないが)上記三井物産社長のコメントは、極端に言うと、「もの作りの細部にこだわるのが得意な日本人は日本刀で戦っていくしかない」と言っているようで心配になってくる。



ということで、ミサイル相手に日本刀で戦おうとしてしまいそうなさえない自分は、細部の仕上げにこだわった自慢の日本刀を抜く暇もなくやられてしまうような事態に陥らないよう、元旦から戒めていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-01-01 12:02 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム