国家の力の源泉は脅威を見せつけること・・・

「歴史家が語るトランプ氏」という記事が日本経済新聞に掲載されていた。

2人の歴史学者がトランプ大統領について語る内容。


歴史学者の1人米スタンフォード大学シニアフェローのニーアル・ファーガソン氏のコメントが気になった。
国家の力の源泉は目的を達成するために確かな脅威を見せることにある。オバマ前大統領は脅しをためらい、ある意味で世界のリーダーの役割を放棄した。いじめっこのようなトランプ氏の振る舞いは米国の力を改めて世界に知らしめている。

改めて考えると、かつ極端に言うと、トランプ氏が機嫌をとらないといけないのは支持者だけであり(支持者がいなければ大統領ではいられなくなる)、それ以外(民主党支持者や諸外国)の機嫌をとる必要なんて無く、手っ取り早く力でねじ伏せれば良い(民主党支持者や諸外国からの支持を得られなくても地位を追われることはない)。

逆に、(オバマ前大統領のように?)非支持者や諸外国に対しても良い顔をしようとすると、付け込まれる隙を与えてしまうことになる・・・。



条件反射的に良い顔をしてしまいそうになる事なかれ主義の自分は要注意。

ついつい良い顔をして付け込まれることの無きよう、今年は脅威を見せるスキルを身に付けるべく努めていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-01-01 13:49 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム