人が幸せになろうとしたら格差社会になっていく・・・

「“衝撃の書”が語る人類の未来 ~ホモ・デウス~」というテレビ番組が放送されていた。

世界的ベストセラー「ホモ・デウス」(ユヴァル・ノア・ハラリ 著)を紹介する内容。

この本は前回取り上げた「サピエンス全史」の続編として書かれた本であり、人類の未来を展望する内容とのこと。


ハラリ氏の予想する未来とは、人間は「人間至上主義」と「テクノロジー」(生物工学、人体拡張技術、人工知能)をもって「ホモ・サピエンス」から「ホモ・デウス」(神)になろうとするだろうということ。
どうやって 体や脳を作るかが分かれば 事実上 私たちは神なのです

そして、そのような社会では、超エリートの小集団と経済的・政治的力を全く持たない巨大な底辺層“無用者階級”に分裂する危険がある、とのこと。



要は、格差社会がますます進んでいくということか・・・。

結局、人間は他者に勝つ(優位に立つ)ことに喜び(幸福)を感じるようにできており(よって幸せの追求は格差を広げる力となる)、テクノロジーはそれを実現するための手段になってしまう(よってテクノロジーが進化するほど格差が広がりやすくなる)のだろう。



ということで、今後のテクノロジーの進化によって格差はますます広がる恐れがありそうだ。

ホモ・デウスは神は神でもちんけな神だな・・・。





そんなことより、個人的には“無用者階級”をいかに楽しく生きていくかが問題だ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-01-04 07:23 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム