お金崇拝の一神教か? 分散投資の多神教か? それとも・・・

「サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福」(ユヴァル・ノア・ハラリ 著、柴田裕之 訳)という本の感想、5回目。


宗教に関する話が興味深かった。

宗教は「アニミズム」→「多神教」→「二元論」→「一神教」と進化していったようだ。

1.アニミズム:すべてのものに霊魂が宿るという狩猟採集時代からある考え
2.多神教:古代ギリシャ、ヒンドゥー教、など
3.二元論:ゾロアスター教、マニ教、など
4.一神教:キリスト教、イスラム教、など

なお、一神教と言えどもアニミズムや多神教や二元論の要素も内包しているとのこと。例えば、キリスト教では死者の霊も信じられており(アニミズム的)、複数の聖人たちがおり(多神教的)、天国と地獄がある(二元論的)。

また、今まで意識したこともなかったけど、身近な宗教である仏教には神様がいないようだ・・・。



今の時代は、キリスト教やイスラム教などの一神教が世界的に幅を利かせているけど、そんな彼らも資本主義社会で生活するにあたってはお金崇拝の一神教に染まっているに違いない。


そう言う自分もお金崇拝の一神教に染まってしまっていると思っていたけど、よくよく考えると、分散投資という多神教の要素もありそうだし、安全資産とリスク資産に分ける二元論の要素もありそうだし、さらにはお札や硬貨の一つ一つに霊魂が宿っていると考えるアニミズムの要素もありそうだ。

そんな自分は、欲張ってそれらすべての神様の恩恵を期待しながら、資産形成に励んでいきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-01-20 06:03 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム